企業運営に欠かせない資金調達の方法はたくさんあります。その中でも最も一般的と言われる「銀行融資」と、最近利用者が増えている「ファクタリング」のどちらが中小企業にとってメリットがあるのでしょうか?

 

この記事では、それぞれのメリットとデメリットを比較して、それぞれの資金調達方法に適した利用方法について説明します。

 

↓当サイト一押し!クラウドファクタリングOLTA↓

 

 

ファクタリングのメリット

 

  • 最短即日で資金調達できる
  • 担保や保証人が不要
  • 経営状況に関わらず利用の可能性がある
  • 毎月の返済や利息がない

 

ファクタリングの最大の良さは、融資よりも早く資金調達できる点です。

 

業者によって違いはありますが、最短即日契約ができる事業資金調達方法は他には見当たりません。どうしてこれほど審査が早いのかというと、担保や保証人がいらない事が一つの要因です。

 

そして売掛債権の売買取引ですので、赤字決算やリスケ中であっても債権の信用度が高ければ売却できる可能性が高いのもファクタリングの特徴です。

 

ファクタリングのデメリット

 

  • 手数料が高い
  • 売掛債権がないと利用できない
  • 額面以上の資金調達ができない
  • 取引先に知られる可能性がある
  • まだマイナーな取引である

 

ファクタリングの最大のデメリットは、他の資金調達と比較して手数料が高いという点です。

 

その他、売掛債権がないと利用できないので、不動産業や飲食店などの一部業種では売掛債権の利用が少ないため、こうした業種の経営者は他の手段での資金調達を考えてみることができます。また売掛債権の額面以上の資金調達ができないのもデメリットです。

 

ファクタリングには自社とファクタリング会社の同意のもとに行う2社間ファクタリングと、取引先の同意を含めた3社間ファクタリングがあります。3社間ファクタリングでは、取引先の同意が必要となりますので、内緒で取引したいなら2社間ファクタリングを選ぶ必要があります。

 

ファクタリングはまだ日本では融資ほど浸透していないため、業者選びなどの面で不安を感じる経営者もおられます。

 

 

銀行融資のメリット

 

  • 比較的低金利で利用できる
  • まとまった金額を利用できる可能性がある
  • 公的金融機関の利用よりスピーディー
  • 知名度も高く安心

 

銀行融資のメリットは、ビジネスローンなどのノンバンク系の融資と比較すると低金利で利用できる点です。

 

また担保や保証人を供出することで、まとまった金額の融資を引き出すことも可能です。

 

公的融資と比較すると、審査は早く進む傾向にあります。銀行は身近にある存在ですので、知名度があり安心して利用できると言うのもメリットの一つとなります。

 

銀行融資のデメリット

 

  • 担保や保証人が必要
  • 借入残高や経営状態によっては利用が難しい
  • 事業実績がないと厳しい

 

担保や保証人が必要となるため、個人事業主や中小企業では利用が難しいケースがあります。

 

また返済能力が審査では重要項目となるため、すでに借入が返済能力を上回る状況や経営状況が悪化していると、新規融資を引き出すのは極めて困難です。

 

そして、経営の安定性や返済能力を推し量る点で事業実績も重視されますので、業歴が浅い企業も大きな融資を期待することはできません。

 

こんな時にはファクタリングの利用がおすすめ

 

  • すぐにでも資金が必要
  • 銀行融資に落ちた
  • 借入残高が貯まっている

 

ファクタリングが特に役立つのは、一日でも早く資金が必要な時です。
例えば支払期日が迫っている時や納税時期などの一時的な資金需要の高まりを凌ぐために利用するのは、経営者として賢い選択です。

 

それに加えて、銀行融資が厳しいと判断されたときにはファクタリングは第一選択肢となる存在です。先ほども考えたように、ファクタリングでは主に売掛債権の信用度が審査対象となりますので、経営状況に関わらず契約の可能性があるからです。

 

銀行融資を活用するべき時は?

 

  • 設備投資や新規事業など大きな金額が必要な時
  • 融資目的が明確である時

 

銀行融資をぜひとも使うべきなのは、大規模な資金需要が生じている時です。
新たな設備投資をすべき時や新規事業の準備のためにまとまった金額が必要な時こそ、銀行融資は役立ちます。

 

銀行融資を引き出すためには、事業計画書など融資目的を明らかにする必要もあります。その事業の将来性が高いと判断されると、まとまった金額を借りることも可能ですので、勝算の高い事業のための資金調達には銀行融資を活用するのも手です。

 

ファクタリングで得られた資金は用途自由ですので、借金の返済や当面の運転資金などに使いたいならファクタリングを利用するメリットが大きいといえます。

 

両方を上手に併用することが安定経営につながる

 

ファクタリングと銀行融資それぞれに良さと弱点があります。言い換えればどちらも併用して使うことで安定した資金供給を得ることができるわけです。特徴をとらえた利用をするならば、融資残高を過度に増やすことなく、キャッシュを手元に残すこともできます。賢い経営者であれば、ファクタリングの持つ自由度の高さと、銀行融資の持つ豊富な資金力の両者を用いることができるはずです。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る