この記事ではファクタリングの会計処理について解説します。

 

 

ファクタリングでの仕訳はどうなる?

ファクタリングの仕訳はどうやればいい?

 

経理上のファクタリング取引の仕訳は、場合によって異なる事がある事をまず覚えておいてください。その上で通常の売掛債権の処理とファクタリングを用いた時の会計処理について対比させて考えていきましょう。

 

通常の売掛債権の会計処理

 

まずある商品を別の会社に販売して、その支払いとして10万円の売掛債権が発生したとします。

 

そうすると売掛債権が発生した時の仕訳は次のようになります。

 

借方:売掛金10万円 / 貸方:売上10万円

 

そして次に期日が来て、売掛債権に対する支払いがその会社からありました。

 

借方:現金10万円 / 貸方:売掛金10万円

 

会計上では、このような仕訳がなされるのが一般的です。

 

ファクタリング取引をした時の会計処理

 

同様のケースで10万円の売掛債権が発生して、それをファクタリング会社に売却したとします。
その際に手数料として5%がファクタリング会社との間で発生したとすると、次のように仕訳を行うことができます。

 

まず売掛債権が発生した時の仕訳は上記のとおりですが、ファクタリング会社に譲渡契約が成立すると次のような会計処理ができます。

 

借方:未収金10万円 / 貸方:売掛金10万円

 

次に、ファクタリング会社が5%の手数料を差し引いた金額が入金された時の会計処理です。

 

借方:現金9万5千円   /  貸方:未収金10万円
売上債権売却損5千円

 

これを見ていただくと分かるように、ファクタリング取引は会計処理上「未収金」と「売上債権売却損」という形で仕訳することになります。

 

未収金は、まだ受け取っていない債権売却などで得られるお金を指して使われます。このケースでは、10万円の売掛債権を売却していますので、このお金を受け取る権利があるということを会計書類上に記していることになります。

 

売上債権売却損は、「雑損失」や「債券割引料」などという形で表示される会計ソフトもあるようですが、債権売却取引などで支払った手数料を記載する際に用います。

 

ファクタリングの税務上の処理はどうなる?

 

会計書類上の記載の仕方についてここまで考えてきましたが、税務処理についてもポイントを考えておきます。

 

消費税を払う必要があるの?

 

結論を述べると、ファクタリング取引によって得た資産に消費税は課税されません。

 

この点についてもう少し説明すると、ファクタリングによる売掛債権の売却は「有価証券等の譲渡」という非課税対象の取引となりますので、消費税の心配をしなくて良いのです。

 

ファクタリング取引の際に生じた手数料は?

 

ファクタリング取引によって生じた手数料は、経費として計上することができます。

 

ファクタリングによってバランスシートの良化も

ファクタリングで貸借対照表の良化も期待できる

 

ファクタリング取引における会計処理は決して難しいものではありません。そして会計処理を行う上で重要になるバランスシート(賃借対照表)が良化するというメリットもでてきます。

 

これはファクタリングが貸付や融資とは異なるからです。いうなれば負債を増やさずにキャッシュを増加させることなるのです。そうすることで新たな銀行融資につながる可能性も出てきますので、ファクタリングのもたらす潜在的なメリットは大きいものです。

 

このように会計処理を実際に考えてみるだけでも、ファクタリングの良さがさらに見えてくることにお気づきになるはずです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る