ファクタリングの仕組みについて解説!最短即日で資金調達ができる理由は?

 

ファクタリングは中小企業や個人事業主が手早く資金調達したい時に役立つ方法です。ファクタリングに関する基礎知識やその仕組みを知れば、いざという時にスムーズに事業資金を得ることが可能になります。

 

この記事では、経営者にとって役立つファクタリングとは何かという点と、売掛債権を現金化するまでの流れについて解説いたします。

 

 

↓当サイト一押し!クラウドファクタリングOLTA↓

 

ファクタリングとは何か?

 

ファクタリングとは何かという点を一言で述べると、売掛債権をファクタリング会社に売却する事で資金を得ることです。ビジネスローンや銀行のプロパー融資とは異なり、借金ではないため月々の返済や利息が発生しないのが特徴です。

 

欧米では一般的な経済手法として認知されており、日本でも経済産業省のリポートの中で「正当な資金調達手段」として取り上げられています。ですから今後さらに利用拡大が見込まれている注目のサービスといえます。

 

ファクタリングの仕組みを解説

 

ファクタリングは先ほども述べたように、売掛債権の売却による資金調達です。ファクタリング会社は売掛債権を買い取りますが、その際に発生する手数料がファクタリング会社の儲けになります。手数料は「債券額面の○○%」という形で請求されます。ファクタリング会社は、手数料を差し引いた売掛債権の金額を支払うことで、期日前の売掛債権を現金化することができるのです。

 

ファクタリングの種類

 

ファクタリングには、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」という二つの方法があります。この二つの方法には違いがありますので、その仕組みについて簡単にポイントだけ抑えておきましょう。

 

2社間ファクタリングの仕組み

 

2社間ファクタリングでは、ファクタリング業者と自社との間のみで売掛債権の譲渡を行います。ですから売掛債権を売却した後に取引先(債務者)から売掛金が入金されたなら、それをファクタリング会社に入金することで取引が最終的に完了します。

 

取引先にファクタリングを利用して売掛債権を売却したことを内緒で取引できるのが最大の特徴です。

 

 

3社間ファクタリングの仕組み

 

3社間ファクタリングでは、ファクタリング業者と自社に加えて、取引先(債務者)の了解を得てから売掛債権の譲渡手続きを行います。このケースでは取引先(債務者)が、売掛金期日にファクタリング会社に支払いを行います。

 

取引先が関与するため、内緒で取引を行えるわけではないのがデメリットですが、2社間ファクタリングと比較すると手数料が安くなるというメリットがあります。

 

 

ファクタリングで現金化までの大まかな流れ

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで多少の違いはありますが、現金化までのステップはおおむね以下の通りです。

 

  1. ファクタリング会社に申し込む
  2. ファクタリング会社による審査
  3. 審査通過後に契約
  4. 手数料を差し引いた金額が支払われる
  5. 売掛金を回収したらファクタリング会社に支払う

 

ファクタリング会社への申し込みは、来店方式に加えてネットからの申し込みも主流になってきています。審査は最短で即日中に結果を受け取れる業者もありますので、急ぎの資金需要にも対応できるのがファクタリングの良さです。

 

 

>>手数料が安くネットで完結するクラウドファクタリングOLTAはこちら

 

 

ファクタリングを利用する会社が増えているのはなぜ?

 

ファクタリングが注目を集めている代表的な理由を挙げると下記のようなものがあります。

 

  • 最短即日資金調達可能
  • 来店不要で契約
  • 保証人・担保不要
  • 業歴が浅くても利用可能
  • 赤字決済・リスケ中でも利用の可能性がある

 

ファクタリングの最大の特徴ともいえるのが、最短で即日資金化できると言う点です。一般的な銀行のプロパー融資や公的融資では、審査に数週間から1か月以上の時間がかかります。保証人や担保が必要となる事も多くありますので、審査に時間がかかるのです。

 

しかしファクタリングなら、来店せずに審査を受けて、その日のうちに契約買取ができることも少なくありません。また売掛債権の買取サービスですので、保証人や担保も原則として不要という点も、個人事業主や中小企業の経営者にとっては魅力的な点です。

 

借金や融資とは異なるため、起業してからまだ時間の浅い新興企業や赤字決算中など業績が悪化している企業でも利用の可能性は十分にあります。

 

資金調達を急いでいるならファクタリング

 

ファクタリングは、融資と比較すると格段に速いスピードで利用できるため、急ぎの資金調達方法として多くのメリットがあります。

 

ファクタリングの仕組みを考えると、
取引先に内緒で売掛債権を売却したいなら「2社間ファクタリング」、手数料を少しでも安くしたいなら「3社間ファクタリング」を考えるのがおすすめです。

 

中小企業や個人事業主の方の新たな資金調達手段として、ファクタリングは日本でも定着していくことが予想されています。今から手順や仕組みについて知識を得ておくのは重要なことなのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る