ファクタリングはスピーディな事業資金調達方法として人気を集めています。でも多くのファクタリング会社があり、どこを選んでよいのか分からないという経営者の方が多いのも事実です。
そこで初めて利用する方でも安心して使える、間違いのないファクタリング会社選びの方法をご紹介いたします。

 

 

ファクタリング会社選びのポイントは?

 

ファクタリング会社はここ数年で一気に数が増えてきました。地元に特化した会社もあれば、インターネットに特化した会社もあります。でもお得で安全な会社を選ぶための共通した項目というものもあります。

 

  • 入金スピードはどれくらいか?
  • 手数料はどれくらいか?
  • 2社間・3社間ファクタリングの両方に対応しているか?
  • 面談や来店は必要か?

 

まずはこの点について一つずつ取り上げてみます。

 

入金スピードはどれくらいか?

 

この点は、ファクタリングの最大の魅力となる部分ですので、しっかりとチェックしておきたい部分です。

 

ちなみに最速ですと、最短即日中の現金化が可能なファクタリング会社があります。一例をあげれば「クラウドファクタリングOLTA」は、最短24時間以内での現金化が可能です。

 

スピードに関して言えば、2社間ファクタリングを選ぶか、3社間ファクタリングを選ぶかで変わってきますし、面談が必要かどうかによっても変化してきます。2社と3社ですと関わる会社数が違いますので2社間の方がスピードが速くなります。またオンラインで完結する会社は総じてスピード面でも期待できると言えます。

 

 

手数料の相場はどれくらいか?

 

ファクタリングの手数料の相場は、2社間ファクタリングで10%〜30%と言われていますが、最安で1.5%という数字を掲げる会社もあります。3社間ファクタリングでは1%〜10%が平均的な数値です。

 

ですから手数料だけを考えるなら圧倒的に3社間ファクタリングです。

 

特に「銀行系ファクタリング」と呼ばれる銀行子会社のファクタリングは、3社間ファクタリングにのみ対応していることがほとんどですが、手数料が低いことが特徴です。

 

2社間・3社間ファクタリングへの対応

 

ファクタリングには2つの契約方法が存在します。それが2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。

 

そのどちらにも対応している会社を選べば、便利に使い分けることができるわけです。もちろん、最初から2社間ファクタリングにしか興味がないという方もいますので、どちらかのファクタリングにしか対応していないとしても弱点にはなりません。あくまで自分の希望する契約方法に対応しているかどうかを最初にチェックする必要があるという事です。

 

 

面談や来店は必要か?

 

ファクタリング契約をしたい場合に面談や来店が必要な会社もあれば、オンラインで完結する会社もあります。

 

どちらの方法にもメリットとデメリットが存在します。例えば、初めての利用で不安がある場合などはしっかりと説明を聞きたいでしょうから、面談方式を選ぶことに一定のメリットがあります。

 

契約までのスピードやコスト(労力や時間)を少しでもカットしたいなら、オンライン方式を選ぶメリットが大きいでしょう。また、地方や僻地で事業運営されている方にとっては、オンライン方式の方が選択肢は広がるとも言えます。

 

ファクタリング会社は目的別に選ぶ

 

ファクタリングと一言で言っても実は種類がたくさんあります。そしてファクタリング会社にも得意とする分野があります。ここからは、目的別にファクタリング会社を選ぶことについて考えていきます。

 

大きなファクタリング取引をしたい

 

億単位の取引など大きな額面の債券を取り扱うなら、大手ファクタリング会社か資本の安定した銀行系ファクタリングがおすすめです。

 

大手ファクタリング会社であれば1億を超える規模の債権売却にも適しています。また銀行系ファクタリングでもまとまった金額の取引に応じています。

 

特に銀行系ファクタリングは、審査や現金化までの時間はかかりますが、国際ファクタリングや保証ファクタリングにも応じており、海外との大きな取引があるという事業者の方には最適といえます。

 

買取までのスピードを最重視する

 

とにかく1時間でも早く資金化したいと希望されるなら、来店不要でWEBから契約ができるファクタリング会社をおすすめします。最大の特徴は来店や面談をせずに済むため買取を即日で行える早さです。ネット環境さえあれば地方に拠点を構える事業者にも利用に問題はありません。

 

この時に注意してほしいのは、急いでいるからと言って入金スピードだけで判断しない事です。内容を精査して相談すべきことはしっかりと聞いてみてください。適正な手数料かどうかをしっかりと確認することを忘れてはなりません。

 

法人以外の方のファクタリング

 

ファクタリングは法人企業だけでなく個人事業主でも利用可能です。その際には小口専門の業者や、地域に特化した営業をしている業者を選ぶことができます。

 

実は個人事業主だけでなく、サラリーマンが使えるファクタリングもあります。その一例をあげると、給料ファクタリングを取り扱う「七福神」です。詳しくは、「記事タイトルへリンク」をご覧ください。月末や給料日前の困ったときには役立つサービスです。

 

目的や状況に応じた判断を

 

ファクタリングは発展途中の分野のため、ここ数年で多くの業者が参入してきています。いわゆる「老舗業者」が少ないため、選ぶ際には、自社の目的や状況をよく考慮して決める必要があります。

 

買い取り額が少しでも高い事を希望するなら、3社間ファクタリングを専門に行う業者に絞って考えることができます。スピードを重視した選択ならWEB完結できるようなクラウドファクタリングを選んでみてください。

 

その中から安全性や信頼できる実績を持ったファクタリング会社を選択すれば、ファクタリングは自社にとって安定した資金調達方法になるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る