一括支払信託とファクタリングの違いを生かした資金調達とは?

 

売掛債権を利用した資金調達方法として「一括支払信託」と「ファクタリング」があります。どちらも売掛債権を利用する点では共通点がありますが、異なるポイントもあります。

 

その違いを見極めておけば、資金調達をよりスムーズでより賢く行うことができます。ここからは、一括支払信託とファクタリングの違いと、両者を使い分けるべき時について解説します

 

一括支払信託とファクタリングの違いは?

 

一括支払信託とファクタリングの違いは、2社間での取引できるかどうかと要約することができます。

 

ファクタリングでは、2社間取引と3社間取引のどちらかを選ぶことができます。2社間取引を選べば、自社と売掛債権を買い取ってくれるファクタリング会社の2社の間で譲渡契約を結ぶことができます。債務者である取引先には内緒で行うことができます。

 

これに対して一括支払信託では、自社と銀行などの金融機関に加えて債務者である取引先の同意も必要になります。つまり必ず3社が関係する取引になります。そのため取引をオープンにすることで取引先の信頼を失うことを恐れる経営者の方もいます。

 

またファクタリングは債権の売買契約であるのに対して、一括支払信託は債権の取り扱いを信託する形であるという点にも違いがあります。そのため、ファクタリングでは債務者が倒産などで債権の支払いができなくなったとしても支払い義務がないノンリコース契約となりますが、一括支払い信託では自社にも債務を負担する責任が生じる(リコース)という点でも違いがあります。

 

どうすれば最大のメリットを得られるのか?

 

最大のメリットを得るためには、ファクタリングと一括支払信託の違いを理解して、どちらにメリットが大きいのかを考えてみる必要があります。

 

ファクタリングのメリットはノンリコース契約なので、リスク管理という面で大きなメリットがあります。ですから債務者である取引先に少しでも不安があるなら、迷わず早めにファクタリングを使って現金化しておくことには一定のメリットがります。

 

しかしファクタリングの2社間取引は、手数料が一括支払信託と比較すると高くなる傾向があります。特に債務者の発行する売掛債権の信用が低い時には手数料は高くなりますので、そのことを考えると、少しでも多くの資金を得たいなら一括支払信託を選ぶことをおすすめします。

 

スピード面の違いにも注目して選ぶのも良い方法です。2社間ファクタリングは申し込み当日に契約が成立することがあるほどスピーディーです。しかし一括支払信託は関係する人が増える分、契約までに時間が必要になります。スピード重視ならファクタリングを選択する事にメリットが大きいといえます。

 

↓【最短即日振込】クラウドファクタリングOLTAの詳細はこちら↓
クラウドファクタリングOLTAの詳細はこちら

 

資金調達は選べる時代になった

 

ファクタリングという新たな方法が日本でも少しずつ認知されるようになってきましたので、事業資金はTPOに合わせて選ぶ時代です。

 

スピード面で大きなメリットのあるファクタリングと、ユーティリティーに使える一括支払信託のどちらを選ぶかは、その時の状況によるのです。従来の銀行融資や公的融資に加えて、売掛債権を用いたファクタリングや一括支払信託がある事を覚えておくだけでも、経営者にとっては切り札が増えることを意味するのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る