ファクタリングは幅広い企業が利用できるため、融資審査に落ちた企業の利用も多いのが特徴です。しかしファクタリング審査に落ちてしまうと悩んでいる企業や個人事業主も多いのが事実です。

 

こちらの記事ではファクタリング審査で落ちる理由とを解説しますので、これらに注意することで審査が通る可能性が高くなります。

 

審査落ちする場合は審査が甘いファクタリング会社から選ぶのがおすすめ

 

【審査通過率95%】トラストゲートウェイ
(対応エリア:九州、中国、関西エリア)

 

【審査通過率93%】アクセルファクター(全国対応)
通過率が高いだけではなく半数以上が即日振込という速さも兼ね備えたおすすめファクタリング会社です。
アクセルファクター申し込み

 

 

ファクタリング審査に落ちる場合に考えられる5つの理由

 

ファクタリング審査でマイナス査定となる以下の5つの理由について説明いたします。

 

  • 取引先の信用が低い
  • 取引履歴がそれほどない
  • 債権の種類や金額が対応外
  • 支払いサイトによる審査落ち
  • 申し込み事項に虚偽があった

 

取引先の信用が低い

取引先の信用が低いとファクタリング審査が通りづらい

 

ファクタリング審査で落ちる最大の要因とも言われているのは、取引先が経営不振などで債権の信用性が低い事です。

 

ファクタリングの特徴として、債権を保有している会社の経営状況よりも、債権を振り出した会社の信用が重視されます。

 

そのため、取引先の経営状況によっては、自社が安定した経営をしているとしても審査で落ちる可能性があるのです。また審査に通過するとしても信用が低い債券では手数料が高めに設定されるなど、買取価格が下がる可能性があります。

 

取引履歴がそれほどない

 

売却したい売掛債権が付き合いの浅い取引先からの債券であった場合、信用度が下がります。新規取引で生じた債権の買取では、審査がかなり慎重に行われる可能性がありますので、買取までの時間が長くなる可能性もあります。

 

逆に取引歴の長い会社との間で生じた売掛債権であれば、回収リスクが低いため審査通過の可能性があがります。

 

債権の種類や金額が対応外

 

ファクタリング会社によっては、対応債券や買取価格の上限と下限が設定されていることがあります。例えば、医療債券専門のファクタリング会社や、買取限度額を1000万円程度に設定している会社があります。

 

ですからファクタリング会社を選ぶ際には、自社の保有する債権種類と債券金額に見合った会社を探す必要があります。

 

支払いサイトによる審査落ち

 

売掛債権が支払われるまでの猶予期間のことを支払いサイトと言います。この支払いサイトが長いと契約を断られるケースがあります。特にこうした傾向は中小ファクタリング会社に見られる傾向があります。

 

ですからもし支払いサイトが長い債券を現金化したいなら、経営規模の大きなファクタリング会社を選ぶことです。

 

申し込み事項に虚偽があった

ファクタリング申し込みで嘘をつく

 

当然のことですが、申し込みの際に虚偽や偽りの申告をしたならば審査落ちする可能性は極めて大きくなります。

 

ファクタリングは大きな額面の金銭が関わる契約ですので、相手が不誠実で信頼できないと契約に至る事はありません。ですから自社にとって不利と思える情報であっても、求められる情報に関しては正直に開示することが重要です。特に面談の際には誠実で真面目な態度で臨むのは重要です。

 

審査落ちの要因を減らす

 

ファクタリングは比較的審査通過率が高いと言われている金融サービスの一つです。それでも上記のような理由で審査落ちする可能性があります。ですから申し込み前に審査落ちの要因を減らしておくことで、スピーディーな資金調達を行うようにおすすめします。

 

しっかりとファクタリング会社を調査して選ぶだけで、審査落ちの可能性を減らすことができます。自社に合ったファクタリング会社を探すコツは「記事タイトルへリンク」で分かりやすくまとめていますので、どうぞ参考になさってください。

 

また、誠実な応対を心がけるだけでも良い心証を与える重要性も忘れないようにしてください。まずは少額債券で実績を積むことも一つの方法です。

 

これらを踏まえたうえで、審査の甘いファクタリング会社を利用することで審査落ちを減らすことができるでしょう。

 

【審査通過率95%】トラストゲートウェイ
(対応エリア:九州、中国、関西エリア)

 

【審査通過率93%】アクセルファクター(全国対応)
通過率が高いだけではなく半数以上が即日振込という速さも兼ね備えたおすすめファクタリング会社です。
アクセルファクター申し込み

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る