個人事業主にとって資金調達は決して簡単なことではありません。法人企業と比較すると、銀行融資を引き出すのは容易なことではないからです。

 

しかしファクタリングなら個人事業主でも利用できる場所が多くあります。スピーディーに取引できて担保や保証人がいらないのも魅力のファクタリングを、個人事業主が利用する際の注意点や方法について説明いたします。

 

↓当サイト一押し!クラウドファクタリングOLTA↓

 

 

ファクタリングは個人事業主でも使える!

 

ファクタリングは売掛債権を早期に売却することで現金化するサービスです。
有効な売掛債権があれば個人事業主でも利用できます。

 

ファクタリングの一般的な仕組みや流れに関しては下記関連記事で説明していますので、どうぞご覧ください。

 

 

ファクタリングは特に中小企業の方の利用が多いため、大口利用に加えて小口利用を想定したファクタリング会社が多く存在するのも特徴です。そのため個人事業主の方にとっても利用しやすい環境が整っています。

 

個人事業主の方にファクタリングをおススメする理由

 

個人事業主の方にとってファクタリングが魅力的と言える4つの理由があります。

 

  • 担保や保証人が不要
  • 小口から利用できる
  • 事業歴が浅くても契約可能
  • その日のうちに現金化が可能

 

この4つのポイントを知れば、きっとファクタリングの持つ固有の良さを理解できるはずです。

 

担保や保証人が不要

 

個人事業主の方にとって融資を受けるのが難しい一番の理由は、担保や保証人を立てることができない事です。しかしファクタリングでは担保や保証人は不要です。なぜならファクタリングはお金の貸し借りではなく、債券売買契約だからです。そのため利子や毎月の返済も一切不要です。

 

小口から利用できる

 

ファクタリングは幅広い額面の債券に対応した買い取り会社があります。例えば、3億円までの再建に対応した大手ファクタリング会社もあれば、10万円からの買取に対応している中小企業や個人事業主向けの会社もあります。ですから自社の事業規模に合わせた選択ができるのもファクタリングの魅力です。

 

事業歴が浅くても契約可能

 

ファクタリング審査で重視されるのは、債権の信用性の高さです。そのため事業歴が浅くても債権の信用性が高い場合は、買取に応じてくれる可能性は十分に存在します。

 

もちろん取引先との事業実績が多いほど債権の信用性が高くなるのも事実ですので、業歴が浅いという個人事業主の方は、ある程度取引を重ねた企業との債権売却をまず狙ってみてください。

 

その日のうちに現金化が可能

 

ファクタリングは最速でできる資金調達方法と呼ばれることもあるほど、スピーディーな取引が期待できるサービスです。実際オンライン上で取引を完結できる「クラウドファクタリングOLTA」では、最短でその日のうちに現金化が可能です。

 

最速で行いたいならオンライン契約が可能な会社を選ぶことや、必要書類は事前に用意しておくことが大切です。

 

個人事業主が審査通過したいなら

 

ファクタリングが融資よりも利用しやすい環境にあるのは紛れもない事実です。しかし審査通過のためには一定の条件を満たす必要がありますので、いくつかの注意点を取り上げておきましょう。

 

安定した売掛債券

 

いわゆる単発で発生した売掛債権は信用性が低く審査通過が難しいのが実情です。ですから審査通過を目指すなら、毎月定期的な取引があるような安定した売掛債権を使うことをおすすめします。

 

また安定性という観点で考えると、売掛債権を発行する事業者の信用性が大切ですので、できるなら安定した事業実績を持つ法人企業との間で発生した売掛債権を用いるのが審査通過のカギです。そのため個人事業主間で発生した売掛債権では審査に落ちる可能性が高いと言わざるを得ません。

 

印象をよくする

 

取引においてはこちらの与える印象も重要な要素になります。面談や電話応対には十分に気を付けてください。虚偽の申請は絶対にしないことです。

 

また税金滞納や赤字決算でもファクタリングは利用できる可能性はありますが、個人事業主の方で税金の滞納などがみられると、契約を見送るケースもあるようです。そのため会社の印象をよくするために、税金滞納などがクリアされた状況で申し込むことをおすすめします。

 

ファクタリングは融資と合わせて使う

 

個人事業主の方が安定した事業資金を得るためには、使えるものは全て活用するという気持ちが必要です。金利の低い公的融資制度の活用は第一に考えるのが当然ですが、銀行融資に加えてファクタリングも有力な選択肢となる事を忘れないでください。

 

すべてを活用することで事業拡大に向けたキャッシュという武器を手にすることができるのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る